超意識高いブログ

悪口ばっかり書きます

これから本当に売れるコンテンツを考える。

僕はこのブログについてはアクセスなど気にしていないので、書き方だとかCSSで見出しを作るだとか、そういうことは本当にどうでもいいと思っている。

 

ブログのデザインだって、何もいじってない本当に素のままだ。だけど、だからこそ、内容には本当にこだわりたい。自分の気づきにもなるけど、誰かの気付きにもなるようなことを書きたい。

 

それで今日は、題名の通りに「これから本当に売れるコンテンツを考える」について書きたい。

 

今インターネット業界では、大きな動きがある。

インターネット業界の動きと言っても、たいていはGoogleが主導している何かなのだが、今回もそれだ。

 

こういうブログで飯を食っているという人や、メディアを作って飯を食っているという人にとっては戦々恐々とする話だが、Googleがキュレーション系のメディアについて重要性を下げるということを、実行フェイズにうつしているいう話。

 

そもそも、Googleはまとめ系のメディアが嫌いだった。

NAVERなんてものは早々に駆逐したかったんだろうと思う。そもそも、本来の元サイトを差し置いて、そのサイトを記事にしたまとめが検索上位にあがるなどというのはGoogleが考える最適な顧客体験ではないと考えているんだから当然だ。

 

こういう本来Webがあるべき姿に回帰させようとする動きが、オリジナルコンテンツの見直しということ。つまりまとめみたいなものやキュレーションメディアは自然流入数が下がっていくということだ。

 

企業や小規模の個人運営レベルなどの規模の大小にかかわらず、これからはコンテンツで勝負していかなければいけない。当たり前っちゃ当たり前で、今更感もあるが、そういうことなのだ。

 

今までは、とにかく多種多様な方向性のコンテンツをごちゃまぜにして、なるべく大量の記事を作成する!っていうのが散見されていた。もちろん趣味系のメディアもあったが、ああいうのはアフィリエイトなどがガッチリハマってると金になるっていう感じで、結構アフィリエイト頼みなところがある気がする。

 

これから本当に売れるコンテンツはズバリ、特化型だと思う。

それだと自然流入が減るじゃんという人もいるが、そもそも特化型メディアは自然流入を考えて設計する必要があまりない。(マーケティングの手法についてはいつか話すかどうかわからない)

 

そして、マネタイズの部分でユーザ数が少ないと困るじゃんっていう人もいると思う。まぁそういう人ってそもそも、観測点が固定されすぎてて、次のフェイズの事業ドメインに行けないと思うんだけど。

 

特化型メディアってユーザがかなり偏ってるわけじゃない?実は偏ってるほうがいいのよね。そのほうがマネタイズしやすい。ユーザ数やPV数に囚われてる人って、CTRをとにかくあげないと!アフィの単価上げないと!みたいに全部マネタイズがオンラインで停まっちゃってる。

 

そうじゃなくて、アフィならたとえば、A社さんのバナー貼るわけじゃん。そんでその商品買ってもらうなり、会員登録してもらうなり、無料相談してもらうなりでコンバージョンになって金がちゃりんと落ちてくるじゃん。

 

そのアフィのために使ってる面を自分で切り打ったらアフィの数十倍の利益になるわけよね。これはひきこもりニートとかだと難しいだろうけど、これからのメディアってよりプロが増えていって、会社員とかがどんどん入ってくると思うのよね。だからそういう人にとっては特化型のメディア作って、オフラインでマネタイズするっていうのが一番いいわけよ。

 

Googleの表示アルゴリズムも追い風だし、原点回帰で特化型、そんでオリジナルコンテンツ、オフラインでマネタイズ。とりあえず売れるコンテンツのフレームとしてはこのフレームで間違いないと思う。知らんけど。