超意識高いブログ

悪口ばっかり書きます

読んで思うコトシリーズ 「就活生へ安易にベンチャー企業を勧める大人が多すぎてキレそう」

僕のフェイスブックはかなり意識が高いので、なんかエッジの効いたものとか記事が流れてくる。

ふと、仕事の合間にフェイスブックを眺めるとちょっとバズってたので読んでみた。

↓これ

toianna.hatenablog.com

 

 

要約すると、ベンチャー企業に新卒で行って成功するやつは全体の1%くらいで、ほとんどがうまくいかないというものだ。

 

本当にその通りだと思う。

まずベンチャーに行くデメリットを考えてみる。

 

1.お金がない

ベンチャー企業はお金がない。VCやらから借り入れがあったりなかったり、自己資金でうまくやってたりやばかったり、それはわからない。でも、わかるのはその企業がいるマーケットの中で競合と比べると資金が少ない場合が多い。

また競合を考えなくてもいいという企業もあるが、そういう企業に関しても言えることは、事業を行うにあたって準備金の比率が低いということだ。

 

2.新規事業はアイデアファースト

お金がないから、とにかくアイデアが必要。しかも並大抵のアイデアじゃなくて、そのアイデアで戦略的には難しくても、局地的には状況をひっくり返せるというレベルのアイデア

 

3.失敗したら終了

お金がないから、失敗したら終了。会社自体が傾くのかどうかは内部留保次第だけど、事業自体は早々と撤退になること間違い無し。サンクコストのことを考えると切りがない。

 

4.優秀なセンパイなんて幻想

ベンチャー企業に何年か在籍して、さらに高いバリューを発揮している人はそのベンチャーに居続けるだろうか。答えはNOの場合が多い。踏み台にしようとしているか、事業を分離させて法人化するか、事業会社へ転職するか。

それ以外の普通のプレーヤーというのはどうにもならない人ばかりだ。

ゲリラ戦から習い始めて、局地戦ばかり毎日行っているんだから、対症療法得意マンに成長はする。異常にエクセル作成が早かったり、タイピングが早かったり、寝なくても平気な顔してたり(そのうちカラダ壊す)。

そういうのってフィージビリティで考えると、持続性が低くて、属人的な働き方で、なんで会社に集まって仕事してんの?的帰結を迎える。

優秀なセンパイなんて幻想。

 

5.本当の意味の裁量権なんてない

裁量権ほしいマンがこぞって入社するのがベンチャー企業

でも、入ってみて気づくと思うけど、裁量権=重い責任ということがほとんどだ。多くの資本(ヒト・モノ・カネ)を動かす裁量権というのは、ベンチャー企業にはほとんど存在しない。そんなことしてたらただでさえお金の無い会社が一瞬で潰れてしまう。

 

 

じゃあ、ベンチャー企業に行くなということなのか?

 

 

僕はこの上に貼り付けたブログエントリでも書かれて居る通りに、行く人は限られると言える。どんな人か?

 

1.別にベンチャー企業が倒産しても大丈夫な人

学歴に担保されている。家が資産家。事業化レベルのアイデアが死ぬほど溢れてくる。

 

2.入社1ヶ月で仕事を覚えて、3ヶ月でバリューを出して、1年で事業を引っ張っていける人

 

まぁこのどちらかだと思う。

どちらでもない人は行くとベンチャー企業の荒波に揉まれて揉まれて、もうどうしようもない感じになって沖に出られず浜に打ちあげられる。

 

上記2つ当てはまらないのにベンチャー企業に行きたい人は人生どうなってもいい、人生一度きりだからRYUSEIみたいな人だったら別に好きなようにしたらいいと思う。

どうなるかわからないのが人生ですしね。